Acivity

入賞・入選者のその後の活躍

第1回

1967年

第1位
手塚幸紀
1972年から83年まで、大阪フィル指揮者、83年から85年まで京都市交響楽団正指揮者、72年から92年まで新日フィル指揮者団、87年から92年まで群馬交響楽団常任指揮者、96年から2000年まで神奈川フィル常任指揮者を歴任。
第2位
山岡重信
読売日本交響楽団の指揮者、札幌交響楽団、東京都交響楽団、群馬交響楽団、ニューフィルハーモニア千葉などの指揮者を歴任。 1979年より日本大学芸術学部研究所教授も兼任している。
第3位
小泉ひろし
東京都交響楽団副指揮者、大阪シンフォニカーの指揮者を創設期から10年務めた。大阪シンフォニカー名誉指揮者、日本合唱協会首席指揮者。 桐朋学園大学、東京芸術大学、洗足学園大学、フェリス女学院大学、鹿児島短期大学各講師。

PAGE TOP

第2回

1970年

第1位
小泉和裕
1973年、第3回カラヤン国際指揮者コンクール優勝。その後、ベルリン・フィルを振ってヨーロッパ・デビュー。75年から79年まで新日フィル音楽監督。83年から89年まで、カナダ・ウィニペグ交響楽団音楽監督。89年から96年まで九州交響楽団首席指揮者。95年から98年まで東京都交響楽団首席指揮者。2003年より大阪センチュリー交響楽団首席指揮者。
第2位
尾高忠明
1974年から91年、東京フィル常任指揮者。92年から98年まで読売日本交響楽団常任指揮者を歴任。87年、BBCウェールズ交響楽団首席指揮者。95年、紀尾井シンフォニエッタ東京ミュージック・アドヴァイザー/首席指揮者。2004年5月からは札幌交響楽団音楽監督。東京芸大指揮科教授も兼任。
第3位
ジャック・ブルーマン
ニュージャージー交響楽団指揮者。
入選
小林研一郎
1974年、第1回ブダペスト国際指揮者コンクール第1位。日本フィル音楽監督、京都市交響楽団常任指揮者、ハンガリー国立フィル音楽総監督兼常任指揮者、名古屋フィル音楽総監督、チェコ・フィル常任客演指揮者、ネザーランド・フィル客演指揮者、東京芸大指揮科教授を歴任。東京音楽大学客員教授。
入選
井上道義
1971年イタリア・ミラノ・スカラ座主催グィド・カンテルリ指揮者コンクールで優勝。1977年からニュージーランド国立交響楽団首席客演指揮者、 83年から88年まで新日フィル音楽監督。90年から98年まで京都市交響楽団音楽監督・常任指揮者。93年4月、シカゴ交響楽団定期を指揮。2007年1月より、オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督に就任。

PAGE TOP

第3回

1973年

第1位
なし
第2位
井口晃成
逝去
第2位
汐澤安彦
1976年より二期会合唱団常任指揮者。東京音楽大学助教授。上智大学管弦楽団常任指揮者、明治学院大学管弦楽団常任指揮者。 白金フィルハーモニー管弦楽団音楽総監督。
第2位
デイビッド・ハウエル
現在、関西フィル指揮者、大阪音楽大学教授。

PAGE TOP

第4回

1976年

第1位
アラン・バルター
1976年からアトランタ交響楽団副指揮者、サンフランシスコ音楽院オーケストラ指揮者。1984年から98年までメンフィス交響楽団音楽監督。 1983年から、アクロン交響楽団音楽監督。
第2位
ジェローム・カルタンバック
フランス・ナンシー市立管弦楽団音楽監督。ナンシー・ロレーヌ歌劇場音楽監督。東京二期会のオペラ公演にもたびたび客演。
第3位
国分 誠
東京フィル副指揮者、群馬交響楽団指揮者。東京アカデミー合唱団常任指揮者。

PAGE TOP

第5回

1979年

第1位
田中良和
1982年BBC主催ルパート指揮者コンクール特別賞。同年、ベルリン放送交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団)を指揮してヨーロッパ・デビュー。1989年より東京芸大指揮科非常勤講師。 1990年から94年まで広島交響楽団音楽監督・常任指揮者。
第2位
金 洪才(キム・ホンジェ)
1980年、テレビ番組「オーケストラがやってきた」専属指揮者。81年テレビ番組「私の音楽会」専属指揮者。 1981年東京シティ・フィルの指揮者就任。名古屋フィル、京都市交響楽団、広島交響楽団の指揮者を務める。1998年、「次世代の音楽界を担う優秀な指揮者」に贈られる渡邊暁雄音楽賞を受賞。
第3位
栗田哲海(くりた さとみ)
1986年より北九州交響楽団常任指揮者。1994年より九州女子短期大学非常勤講師。
入選
ジャン・ポール・プナン
ポーランド・クラコフ交響楽団音楽監督。
入選
長瀬清正
武蔵野音楽大学講師、東京トゥッティ合唱団音楽監督。

PAGE TOP

第6回

1982年

第1位
十束尚宏
1983年、アメリカ・タングルウッド音楽祭に、バークシャー・ミュージック・センターのフェローシップ・コンダクターとして招かれ、クーセヴィツキー大賞を受賞。84年、ボストン交響楽団副指揮者。88年から92年まで群馬交響楽団の正指揮者。92年から97年まで東京シティ・フィル常任指揮者。 94年から98年まで広島交響楽団音楽監督を歴任。
第2位
大野和士
1987年、イタリア・アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールで第1位入賞。88年、ザグレブ・フィル常任指揮者。90年、同団音楽監督・首席指揮者。92年、東京フィル常任指揮者。(2001年から桂冠指揮者)。 96年、ドイツのバーデン州立歌劇場カールスルーエの音楽総監督。2002年、ベルギー王立歌劇場(モネ劇場)の音楽監督。2007年11月より、フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者に就任。2015年4月より、東京都交響楽団音楽監督に就任。
第3位
小田野宏之
1984年、オランダ・キリル・コンドラシン国際指揮者コンクール第2位入賞。1985年、牧阿佐美バレエ団指揮者。 89年、大阪センチュリー交響楽団指揮者。95年、広島交響楽団正指揮者。 1986年より東京芸大指揮科非常勤講師、2004年より大阪音楽大学非常勤講師も兼任。
入選
山下一史
1986年、デンマーク・ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。1985年からカラヤンのアシスタントを務め、カラヤンが急病の際、代役として、ベルリン・フィルを指揮し話題となった。 93年、スウェーデンのヘルシンボリ交響楽団首席客演指揮者。96年、九州交響楽団常任指揮者。2006年より、仙台フィル指揮者。 現在、同交響楽団正指揮者。
入選
広上淳一
1984年、オランダ・キリル・コンドラシン国際指揮者コンクールに優勝。 91年、スウェーデンのノールショピング交響楽団の首席指揮者。98年、オランダ・リンブルフ交響楽団首席指揮者。91年、日本フィル正指揮者。2006年からアメリカ・オハイオ州の首都コロンバス交響楽団の音楽監督。2008年4月より京都市交響楽団常任指揮者。東京音楽大学指揮科教授。

PAGE TOP

第7回

1985年

第1位
なし
第2位
飯森範親
1994年、東京交響楽団専属指揮者。95年、大阪のザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者。95年、広島交響楽団正指揮者。 2001年からドイツのヴュルテンベルク・フィル音楽総監督。2006年、東京交響楽団正指揮者。山形交響楽団常任指揮者。 いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者。
第2位
本名徹次
1990年イタリア・アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクール第2位。同年、ハンガリー・ブダペスト国際指揮者コンクール優勝。1991年からベトナム国立交響楽団ミュージック・アドバイザー。95年、大阪シンフォニカー常任指揮者。 98年、名古屋フィル客演常任指揮者。現在、オーケストラ・ニッポニカ音楽監督。
第3位
パスカル・ヴェロ
1986年、小澤征爾氏の推薦で、ボストン交響楽団副指揮者。91年、カナダ・ケベック交響楽団音楽監督。 新星日本交響楽団首席指揮者。2003年からフランス・ピカルディー交響楽団音楽監督。東京フィル首席客演指揮者。 2006年4月から仙台フィル常任指揮者も兼任。
入選
リチャード・ウェスターフィールド
ボストン交響楽団の副指揮者。1993年ニューヨーク・フィルを指揮。 その後、ボストン、ピッツバーグ、モントリオール、ミネソタ、インディアナポリス等、全米のトップオーケストラを指揮。現在、アラバマ交響楽団音楽監督。

PAGE TOP

第8回

1988年

第1位
栗田博文
1989年、イタリア・アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール入賞。92年、神奈川フィル指揮者。 95年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール優勝。フィンランド放送交響楽団、ヘルシンキ・フィルを指揮。現在、国立音楽大学准教授。
第2位
アレクサンドル・ティトフ
ヴァレリー・ゲルギエフのもとで、ロシア・マリインスキー劇場(キーロフ・オペラ)常任指揮者。
第3位
カルロ・リッツィ
1985年、イタリア・アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクール優勝。シカゴ、フィラデルフィア、ロサンジェルス、ロンドン、 ミラノ・スカラ座オケ等のトップ・オケを指揮。1992年からイギリス・ウェールズ国立歌劇場音楽監督。2005年ザルツブルク音楽祭では、アンナ・ネトレプコが主演した「椿姫」を指揮。現在、ボローニャ・オペラの首席客演指揮者も兼任。
入選
イップ・ウィン・シー
フランス・ブザンソン国際青年指揮者コンクール優勝。1986年、香港交響楽団指揮者、広東交響楽団首席客演指揮者。2002年から現在まで香港シンフォニエッタ音楽監督。毎年の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」にオーケストラを率いて出演。
入選
ニコライ・ジャジューラ
1988年、ハンガリー・ブダペスト国際指揮者コンクール入賞。タングルウッド音楽祭で、バーンスタイン、プレヴィンの指導を受ける。1988年、キエフ国立歌劇場正指揮者。89年、ソウル交響楽団首席指揮者。 96年、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団音楽監督。

PAGE TOP

第9回

1991年

第1位
オリビエ・グランジャン
コンクール優勝後、トゥールーズ市立交響楽団、ラムルー交響楽団、ローザンヌ室内オーケストラ、ザグレブ・フィル、 スロヴァキア国立放送交響楽団、ホーチミン市立交響楽団等を指揮。ニカラグア国立交響楽団音楽監督。
第2位
ダニエル・クライナー
フランス・ポワトゥ・シャラント管弦楽団音楽監督。
第2位
新田ユリ(旧姓 中村ユリ)
1990年、ブザンソン国際青年指揮者コンクール第2位入賞。1991年より相愛大学オーケストラ講師。 95年より国立音楽大学、愛知県立芸大非常勤講師。2014年秋より、日本シベリウス協会会長に就任。2015年1月より、愛知室内オーケストラ常任指揮者に就任。
入選
森 彰
1993年、ルーマニア・ディヌ・ニクレスク国際指揮者コンクール第3位。91年、東京大学で非常勤講師、 92年、アメリカ・ルイジアナ州立大学で客員助教授。96年、ミネソタ管弦楽団アシスタント・コンダクター。

PAGE TOP

第10回

1994年

第1位
フランシスコ・デ・ガルヴェス
1995年からマラガ州立交響楽団音楽監督。スペイン国立交響楽団、ベルリン交響楽団、ザグレブ・フィル、サンクトペテルブルク・フィル、 新日フィル、大阪フィル等を指揮。
第2位
ドリアン・ウィルソン
1990年、イタリア・アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクール第3位、92年(第2位)、 イタリア・アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール第2位。フランス国立管弦楽団、フィンランド放送交響楽団、 ソウル交響楽団等を指揮。ドイツ・フォアポマーン歌劇場音楽監督。
第3位
川本貢司
北東ドイツ・フィル首席指揮者。ドイツ・フォアポマーン歌劇場第一専属指揮者。2007年、第59回プラハの春国際音楽コンクール第3位入賞。2008年9月より、チェコ、ピルゼン放送交響楽団の音楽監督に就任。
入選
上垣 聡
劇団四季ミュージカル・オーケストラ常任指揮者。
入選
上野正博
1994年、藤沢市民交響楽団指揮者。1998年、ミトロプーロス国際指揮者コンクールにて最高位(1位なしの2位)。
入選
ヤ・ホイ・ワン
デトロイト交響楽団のアシスタント・コンダクター。シカゴ交響楽団のアシスタント・コンダクター。アメリカ・アクロン交響楽団音楽監督。 2004年から現在まで、台湾・長栄交響楽団(Evergreen Symphony Orchestra)音楽監督。 2006年の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に初参加。

PAGE TOP

第11回

1997年

第1位
なし
第2位
マルコ・パリゾット
2000年、上海交響楽団首席指揮者。(中華人民共和国のオーケストラのポジションを得た初めての外国人指揮者) ノザン・メキシコ国立フィルの首席客演指揮者、モントリオール交響楽団常任客演指揮者も兼任。
第2位
チャン・ユンスン
慶州大学教授。現在、大阪のザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団首席指揮者。
第3位
ローネン・ボルシェフスキー
イスラエル・キブツ合唱団常任指揮者。

PAGE TOP

第12回

2000年

第1位
下野竜也

下野竜也2001年、ブザンソン国際青年指揮者コンクール優勝。2006年より読売日本交響楽団正指揮者。2007年4月から上野学園大学教授。2011年1月、広島ウインドオーケストラの音楽監督に就任。2013年4月からは読売日本交響楽団 首席客演指揮者。

第2位
柳澤寿男

柳澤寿男2001年、新日フィル定期演奏会を指揮。2005年10月からマケドニア旧ユーゴスラヴィア国立歌劇場首席指揮者。 現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソヴォフィルハーモニー交響楽団首席指揮者。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィルハーモニー交響楽団首席指揮者。

入選
クリスティーン・マヤーズ
オハマ・ユース・オーケストラ音楽監督。ハートランド・フィル指揮者。イーストマン音楽学校副指揮者。
入選
ゲオルグ・チチナゼ
佐賀国際音楽祭の招きでたびたび佐賀においてエルミタージュ・オーケストラを指揮。グルジア国立交響楽団指揮者。

PAGE TOP

第13回

2003年

第1位
なし
第2位
アレクサンダー・マイヤー

アレクサンダー・マイヤーリチェルケア室内管弦楽団の創立者・指揮者。トリアー大学オーケストラ聖歌隊音楽監督。2004年、ドイツ・カイザーラウターン交響楽団指揮者。2008年までジョン・ネルソンのアシスタント。

第3位
ジェームズ・ロウ

ジェームズ・ロウ2003年ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラを指揮。同年3月、同オケ副指揮者。ニュー・ブリストル・シンフォニア芸術監督。

PAGE TOP

第14回

2006年

第1位
なし
第2位
川瀬賢太郎

川瀬賢太郎東京音楽大学指揮科卒業。東京フィル、読売日本交響楽団、東京交響楽団、日本フィル、札幌交響楽団等を指揮。2007年、2008年とパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)のアシスタント・コンダクターを務めた。2008年10月、パリ市国際音楽コンクール(ジャン・ピェール・ランパル国際フルート・コンクール)の本選と入賞記念コンサートの指揮者に抜擢されフランス国立イル・ド・フランス・フィルハーモニーを指揮してヨーロッパ・デビューを飾る。2011年4月に名古屋フィルハーモニー交響楽団 指揮者。2014年4月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者に就任。

第3位
なし

第15回


2009年

第1位
なし
第2位
なし
第3位
ミハイル・レオンティエフ

ミハイル・レオンティエフ2000年サンクトペテルブルクの国立グリンカ合唱学校を卒業。その後、リムスキー=コルサコフ国立音楽院で合唱指揮をタチアナ・ネムキナ=マルティノヴァ教授に師事。指揮を3年間、ヴラディスラフ・チェルヌシェンコ教授に師事。2008年、サンクトペテルブルクで開催された第5回国際プロコフィエフ指揮者コンクールにて特別賞とヤマハ賞を受賞。2009年2月より、コーカサス地方ミネラルウォーター地域のアカデミック・シンフォニー・オーケストラの指揮者として活躍。

入選
松井慶太

2007年、東京音楽大学指揮科卒業。日本フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、山形交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団等を指揮。また、NHK交響楽団定期演奏会(シャルル・デュトワ指揮:ストラヴィンスキー「エディプス王」/東京混声合唱団)の合唱指揮者を務めた。指揮を広上淳一、汐澤安彦両氏に師事。

入選
ジュリアン・ルロワ

パリ国立高等音楽院卒業。2003年よりパリの青年オーケストラ"OJAL"、パリ・リヴドロワ交響楽団の音楽監督兼指揮者。スイスのヴェルビエ音楽祭交響楽団、カナダの国立芸術センター交響楽団等を指揮。2008年にイタリアで開催されたアントゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールのファイナリスト。

PAGE TOP

第16回

2012年

第1位
なし
第2位
なし
第3位
なし
入選
マヤ・メーテルスカ

マヤ・メーテルスカ1983年生まれ。ワルシャワのショパン音楽アカデミーで指揮の音楽修士号と音楽芸術博士号を取得。音楽修士号の取得においてはアントニ・ヴィトに師事し、チェロを学ぶ。ヨルマ・パヌラ、ユーリ・シモノフ、デイヴィッド・ジンマン(アスペンのアメリカン・アカデミー・オブ・コンダクティング)、マリン・オールソップ、ジェームズ・コンロン、レイフ・セーゲルスタム(シベリウス音楽院)の各氏に師事し、それぞれのマスタークラスを受講。2006年にワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団でデビューを飾った後は、ポーランド国内のあらゆるオーケストラから再三の招待を受ける。またフィンランド放送交響楽団、デンマーク国立交響楽団、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団などを指揮。現在はワルシャワ室内歌劇場の指揮者を務める。

入選
石﨑真弥奈

石﨑真弥奈東京音楽大学指揮専攻卒業。同大学院指揮研究領域修了。公益財団法人 新日鉄文化財団 2011年度指揮研究員、紀尾井シンフォニエッタ東京などで研鑚を積む。2009年第15回東京国際音楽コンクール〈指揮〉第二次予選出場。2010年第2回井上道義氏による指揮者講習会の優秀者。広上淳一、高関健、下野竜也、汐澤安彦、時任康文、三河正典の各氏に師事。尾高忠明、ボリス・ベルキン両氏の公開レッスンを受講。

入選
田中祐子

田中祐子2010年東京藝術大学大学院指揮科修士課程修了。2002年愛知教育大学音楽科卒業。2004年同大学院修了と同時に東京音楽大学指揮科に給費特待生として入学、2008年卒業。2009年第51回ブザンソン国際指揮者コンクール、2010年第5回ショルティ国際指揮者コンクール共にセミファイナリスト。クロアチア国立歌劇場管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団等に客演。指揮を尾高忠明、広上淳一、高関健、汐澤安彦の各氏、ピアノを隈本浩明氏に師事。

PAGE TOP

第17回

2015年

第1位
ディエゴ・マルティン・エチェバリア

ディエゴ・マルティン・エチェバリア「フライブルグ大学管弦楽団」(2010-2012年)、「エウスカディコ青年管弦楽団」(バスク地方2007-2008年)で首席指揮者を務めた。さらに「ビルバオ交響楽団」「エウスカディ交響楽団」「ガリシア交響楽団」「テネリフェ交響楽団」「グラナダ市交響楽団」「マラガ交響楽団」「アウエ・エルツ山地交響楽団」「カメラータ・ヴァリアブル・バーゼル」(スイス)等々から客演指揮者に招かれた。

第2位
太田 弦

太田 弦1994年北海道札幌市に生まれる。現在、東京芸術大学音楽学部指揮科4年次在学中。これまでに指揮を尾高忠明、高関健の両氏に、作曲を二橋潤一氏に師事。山田和樹、ダグラス・ボストック、ペーター・チャバ、ジョルト・ナジ、ラスロ・ティハニの各氏のレッスンを受講する。

第3位
コリーナ・ニーマイヤー

コリーナ・ニーマイヤー2010年からカールスルーエ音楽大学でアンドレアス・ヴァイス氏に師事。2013年9月からスイスのチューリッヒ芸術大学(修士)でヨハネス・シュレーフリ氏に師事。2014年9月、フランス・パリで「タラン・シェフ・ド・オルケストル(最も才能ある管弦楽団賞)」を受賞すると共に「ADAMI財団コンクール」で第2位を受賞。パリのサル・ガヴォーでコロンヌ管弦楽団と共演。2010年7月からフランス・ストラスブール大学オーケストラ芸術監督・指揮者を務める。2012年と15年には南西ドイツ放送交響楽団のアシスタント・コンダクターを務めた。2015年2月と3月にチェコのフラデツ・クラーロヴェー・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。

入選
オンドジェイ・ブラベッツ

オンドジェイ・ブラベッツプラハ音楽院でホルンをベドジフ・ティルシャル教授に師事し、1999年に卒業。チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席ホルン奏者となる。同音楽院で指揮をV. Valek、H. Farkac、M. Nemcova、M. Koslerの各氏に師事し、2001年に卒業。その後、プラハ芸術アカデミーに進学しラドミル・エリシュカ、イルジー・ビエロフラーヴェクの各氏に師事し、2007年に卒業し、修士号を取得する。2007年「プラハの春国際指揮者コンクール」で4位に入賞、さらに、審査員特別賞とチェコの最有力候補に与えられる2つの特別賞を獲得した。2013年以降、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のアシスタントコンダクター(同時に首席ホルン奏者)として活動している。

PAGE TOP

PAGE TOP

  • HOME
  • 入賞・入選者のその後の活躍